スポNAGOの理念

スポNAGOでは、今までの「障害福祉」の概念にとらわれずまったく新しい価値観で運営をしています。 ひとくちに自立と言っても100人100通りの考えがあり、個人個人が目指す未来はそれぞれ違っているはずです。 そんな考えからスポNAGOは、利用者の方ひとりひとりと向き合い、 その人に必要なスキルアップや就労の形を一緒に目指します。

それぞれがハンデを持ってここにきますが、それを感じずに活き活きとした人生を歩むことは出来るはずです。 就労だけでなく趣味や目標を見つけ、

「楽しく生活する」

そんな本当の意味での自立を目指していきましょう。
policy_img_f1

スポNAGOの活動

当事業所の運営団体である「NPO法人スポNAGOネクスト」は、健常者と障害者がスポーツを通じてお互いを認めあうことを目的として、 2017年から11月に愛知県スポーツ会館でスポーツフェスティバルを開催しています。

NPO法人スポNAGOネクストでは、様々な福祉施設や教育機関向けに、ボッチャ訪問体験レクリエーションを行っています。
ご希望をいただいた施設を訪問し、ボッチャを体験していただくことで、ボッチャというパラリンピックスポーツの普及活動を行っています。
体験を希望する施設や法人様はぜひお問合せ下さい。