作業工賃について

スポNAGOで行う作業は幅広く、生産性A分類生産性B分類に分かれています。 生産性A分類とは、パソコン作業や制作物を作ったりする作業のことを言います。またB分類はボッチャアクティビティやドローン操作、ネイルアートなど能力開発を目的とした作業のことです。つまり、作業の内容を「生産性の高さ」でAとBに分類し実績や成果を評価する仕組みを取り入れています。 ですから、利用者様の意志や希望に沿った形で支援計画を立て進めていきます。

工賃の目安

時給210円~850円です。B型事業所の平均時給が205円(2018年度)ですのでスタートから高い時給を設定しています。スポNAGOにはより実践的な作業の受注が多いことから高時給を実現しています。実績に応じて成果も得られるよう月に一度、ひとりひとり面談を行い支援計画の見直し・今後の時給設定などについて話し、しっかりと評価しています。

作業工賃の例

パソコン作業を中心にスキルをつけて自立を目指したい

生産性A分類の作業を中心に行い、時給は650円 ☓5(時間)=3,250円(1日)

avatar
 Nさん 30代女性
パソコン作業をしてスキルを付けつつ新しいことにもチャレンジしたい

生産性A分類の作業と生産性B分類の作業を両方行い、時給は420円☓5(時間)=2,100円(1日)

avatar
 Hさん40代男性
新しいことにチャレンジして新しいスキルを身につけたい

生産性B分類のスキル開発作業を中心に行い、時給は330円☓5(時間)=1,650円(1日)

avatar
 Mさん30代男性
体力がつくまで午後から2、3時間の作業からはじめたい

短時間の軽作業を無理のないように作業を行い、時給250円☓3(時間)=750円(1日)

avatar
 Oさん20代女性

作業内容について

下記の作業はあくまでも参考です。その人にあった個別支援計画を立て作業内容を提案します。

パソコン作業

簡単なキーボードの打ち込み作業からホームページの更新まだ様々な作業があります。経験や実績・スキルに応じてホームページの制作やデザインなどの技術を身に着けてもらうことも出来ます。

・キーボードの打ち込み作業

・ホームページの更新作業

・チラシや名刺などの制作

・ホームページの制作作業

・その他

ボッチャ普及活動

NPO法人スポNAGOネクストの理事は、一般社団法人日本ボッチャ協会認定の「公式サポーター(旧普及員)」の資格を有しており、福祉施設や教育機関などに「ボッチャ体験」を通じてたくさんの人達にボッチャを知っていただきく普及活動を行っています。ボッチャは、健常者の方から重い障害をお持ちの方まで、公平な立場で競技できるスポーツでいま全世界に広がっているスポーツでパラリンピックの正式種目でもあります。

・ボッチャレクリエーション活動

・ボッチャ普及活動をするにあたっての材料の準備

軽作業

各種簡単な軽作業を行ってもらいます。

・アイロンがけ作業